VMware Horizon のインスタントクローンについて

インスタントクローンとは

Horizon 7 ではリンククローンが主流でしたが、Hozion 2012 からリンククローンは廃止され、後継機能としてインスタントクローンが提供されるようになりました。
リンククローンとインスタントクローンの主な違いは、以下のとおりです。

項目リンククローンインスタントクローン
構造レプリカとの差分ディスクで構成ペアレントとの差分メモリ・ディスクで構成
展開時の挙動カスタマイズQuickprep or SysprepCloneprep
再起動カスタマイズのための再起動再起動しない
リソース消費再起動によるバーストあり再起動によるバーストなし
リソース消費CPUフルクローンと同等フルクローンと同等+ペアレント VM 分
メモリTPS 有効で重複排除ペアレント VM との差分消費
ディスクペアレント VM+ペアレント VM との差分レプリカ VM+ペアレントVM+ペアレントVMとの差分
ログオフ時の挙動ディスク差分破棄する/しないを選択可能常に破棄する
仮想マシン削除されず使いまわされる削除され新規作成される
特徴Persistent Disk対応未対応
展開速度遅い早い
主な制約非プロファイル領域が破棄される

非プロファイル領域が破棄される
再起動を要する設定変更が効かない。

インスタントクローンの特徴

リンククローンはマスタ OS のスナップショットからレプリカ VM(OS などの共通部分)を作成し、個人の設定や変更を差分 Disk に持つ方式ですが、インスタントクローンでは、マスタ OS のスナップショットから テンプレート VM を作成し、これをコピーした レプリカ VM からペアレント VM を作成します。ペアレントVM は ESXi ホストごとに作成され、ペアレント VM をクローンして VDI を展開します。
インスタントクローンでは、この ペアレント VM からクローンする際、実行中のペアレント VM のメモリ内クローンを行うことで仮想マシンを迅速に展開します。

この動作のため、ペアレント VM は以下のように常にサスペンド状態となっています。

テンプレート VM、レプリカ VM は Pool で指定したマスタ OS のスナップショットごとに 1 つ作成されます。例えば、プールが 2 つあり、それぞれが別のマスタ OS のスナップショットを指定していた場合、テンプレート VM とレプリカ VM は2つずつ作成されます。
また、VDI はユーザーログオフ後に削除され、更新後のレプリカから再作成されます。

インスタントクローンの構築手順

Horizon 7 を使用したインスタントクローンの構築手順です。

事前準備

Download VMware Horizon からソフトウェアをダウンロードします。
本記事では、以下のバージョンを使用します。

  • ESXi と vCSA(VMware vCenter Server Appliance)
    • VMware-VMvisor-Installer-7.0.0-15843807.x86_64
    • VMware-VCSA-all-7.0.0-15952498
  • Connection Server
    • VMware-Horizon-Connection-Server-x86_64-7.6.0-9823717
  • マスター OS
    • VMware-Horizon-Agent-x86_64-7.6.0-9539447.exe

マスター OS の作成

仮想デスクトップ展開用のマスター OS として Windows10 を作成します。
Windows10 上で View Agent のインストーラ(VMware-Horizon-Agent-x86_64-7.6.0-9539447.exe)を実行し、「VMware Horizon Instant Clone Agent」をインストールします。

インストール後、マスター OS の「スナップショット」を取得しておきます。

なお、マスター OS に「VMware Horizon Instant Clone Agent」がインストールされていないと、以下のエラーがでてプロビジョニングに失敗します。

プロビジョニング中にエラーが発生しました: Initial publish failed: Fault type is UNKNOWN_FAULT_FATAL – After waiting for 600 seconds internal template VM: vm-2021 still has not finished customization. Giving up!
なお、「VMware Horizon View Composer Agent」と「VMware Horizon 7 Persona Management」は、インストール不可となります。

ドメイン管理者の設定

View Administrator の管理画面から、インスタントクローンのドメイン管理者の追加を行います。

インスタントクローンのデスクトッププールを作成します。なお、Composer は不要です。

以上で、サーバ環境の設定は完了です。

VMware Horizon View Client 接続

VMware Horizon View Client で接続先サーバに「VMware View Connection Server」のホスト名を入力して「接続」すると、仮想デスクトップにアクセスできます。
ログオフすると、仮想デスクトップが削除され、再プロビジョニングされます。

イメージの更新

リンククローンでは、再構成(リコンポーズ)でレプリカ VM を入れ替えますが、インスタントクローンでは、イメージプッシュという機能で、テンプレート VM、レプリカ VM、ペアレント VM を更新します。
仮想デスクトップはログオフ後に即削除され、その際に更新イメージを使って再作成されます。
このため、パッチ適用等のアップデートが簡単にできます。
イメージプッシュをするには、プールを選択し「イメージをプッシュ」をクリックします。

更新するスナップショットを選択します。

更新するスケジュールを設定します。緊急の際はユーザーを強制ログオフさせることも可能です。

以上

関連記事

VMware Horizon View 7 を使って、仮想デスクトップ環境を構築する簡易手順を紹介します。なお、Horizon 8(2006)では、View Composer は廃止されたので、インストールは不要となります。 事前準[…]

この記事を読んで、質問やご意見がある方は、ぜひフォーラムにご投稿ください。
皆さまからの貴重なご意見を心よりお待ちしております。