注目キーワード
  1. AWS
  2. Python

THE THOR と Google Search Console の連携

  • 2021年5月11日
  • 2021年5月14日
  • THE THOR
  • 43view

Google Search Console とは

Google Search Console(サーチコンソール)は Google が提供するアクセス解析ツールで、どのようなクエリ(検索キーワード)でユーザーがサイトにアクセスしているかを確認したり、Google 検索でのサイトのインプレッション数、クリック数、掲載順位を分析できます。
また、
クロール用にサイトマップや個別 URL を送信して、Google の検索結果に表示されるようにします。[1]サイトマップや個別 URL を送信しなくても検索結果に表示されますが、時間がかかります。
これと似た解析ツールで Google Analytics(アナリティクス)がありますが、こちらは流入元(Google 検索や SNS 経由など)を確認したり、ユーザーの行動(サイト内検索やサイトの滞在時間)を確認することができます。

Google Search Console の登録方法

Google Search Console にアクセスして「今すぐ開始」をクリックします。
Google アカウントでログインすると、プロパティ選択画面がでるので「URLプレフィックス」にサイトの URL を入力して「続行」をクリックします。

所有権の確認画面に遷移するので、HTML タグをコピーしてメモ帳などに貼り付け、「content=”**********”」の「**********」部分のみコピーします。

THE THOR の連携方法

THE THOR のカスタマイズ画面から「基本設定[THE]」>「アクセス解析設定」の「Google Search Console の認証 ID」に HTML タグ「**********」を貼り付けて「公開」をクリックします。

所有権の確認画面に戻り「確認」をクリックします。
次のように「所有権を証明しました」と表示されれば、連携完了です。

あわせて読みたい

サイトマップとは ホームページの地図のようなもので、Google Search Console に登録してあげるとクローラビリティが改善します。言い換えると、新規記事を投稿したり、既存記事を修正した時に Google 検索に反映される[…]

あわせて読みたい

Google Analytics 4 とは Google Analytics(アナリティクス) は Google が提供するアクセス解析ツールで、ユーザーの流入元(どこから来たのか)や行動(ページを読み込んだ回数や閲覧時間)などを確認[…]

以上

脚注

脚注
1 サイトマップや個別 URL を送信しなくても検索結果に表示されますが、時間がかかります。