『科学的根拠に基づく最高の勉強法』の紹介と感想

勉強方法は多種多様ですが、科学的根拠に基づいたアプローチを取り入れた『科学的根拠に基づく最高の勉強法』(安川孝介著)を紹介します。本書では効率的な学び方を科学的に解析し、具体的な方法を教えてくれています。

科学的に効果が高くない勉強法

繰り返し読んだりノートに書き写す勉強法は、科学的には効果が低いとされている

感想:
勉強方法について、多くの人が「繰り返し読む」ことや「ノートに書き写す」ことをしています。これについて、著者の安川孝介さんは、コロラド大学で行われた研究を引用し、再読が学習効果に大きな影響を与えないことを証明しています。
また、ノートに書き写すことについても同様の結果が示されています。書き写すだけでは知識が定着しないことは、個人的な経験からも納得しました。ノートに綺麗に書き写しても、(あくまで私個人の場合かもしれませんが)その内容が頭に残らない感じがします。この本が教えてくれるのは、「効率的な勉強法とは何か」という視点を持つことの重要性です。単なる努力や時間の投入ではなく、科学的に証明された方法を取り入れることで、より効果的な学習が可能になるとのことでした。


科学的に効果が高い勉強法

 学習した内容について自分自身に問いかけ、答えを導き出すことが効果的

感想:
この勉強法は、「アクティブリコール」とも呼ばれ、学習者が能動的に情報を思い出すことによって、記憶の定着を助けるというものです。私はこの方法を試したとき、ただ読んだり書いたりするよりも、ずっと内容が頭に残ることを実感しました。また、この方法は、自分が本当に理解しているかどうかをチェックするのにも最適であり、学習の進捗を自分自身で確認することが大切だと思います。


集中力を高めるための方法

集中力を高めるためには、ポモドーロ・テクニックなどの時間管理法を活用することが効果的

感想:
集中力の維持は、効率的な勉強において非常に重要な要素です。本書では、ポモドーロ・テクニックなどの時間管理法が紹介されています。ポモドーロ・テクニックとは、25分間集中して作業を行い、5分間の休憩を挟むというサイクルを繰り返す方法です。この方法は、短時間の集中を繰り返すことで、長時間の学習でも集中力を維持することができるというものです。
安川さんは、「時間を管理することが学習効果を最大化する」と述べており、特に、長時間連続で勉強することの限界と、短い間隔を周期的に設定することの利点が説明されています。


環境の整備

抽象的な概念よりも、具体例を通じて学ぶ方が理解が深まる

感想:
具体例を使う学習法は、特に複雑な理論や概念を学ぶ際に非常に有効です。この本では、実際の事例を交えて解説がなされており、理論だけではなく、どのように実生活に応用するかが示されています。私自身、具体例を通じて学ぶことで、より情報がリアルに感じられ、記憶にも残りやすくなることを実感しています。


モチベーションの維持

モチベーションを維持するためには、具体的な目標設定や自己報酬を活用することが効果的

感想:
学習を続ける上で、モチベーションの維持は欠かせない要素です。本書では、具体的な目標設定や自己報酬の活用が推奨されています。具体的な目標を設定することで、学習の方向性が明確になり、モチベーションを高めることができます。また、自己報酬を設定することで、達成感を得ながら学習を進めることができるとのことです。

以上、『科学的根拠に基づく最高の勉強法』の要点と感想です。ご参考になれば幸いです。

created by Rinker
¥1,760 (2024/07/24 12:58:34時点 楽天市場調べ-詳細)