Juniper EX シリーズスイッチの初期化

はじめに

Juniper EX シリーズは、Juniper Networks が製造しているエッジスイッチです。本記事では、スイッチを初期状態に戻す方法について紹介します。

初期化前の注意点
初期化はすべての現行設定が削除され、スイッチが工場出荷時のデフォルト設定に戻されます。そのため、初期化を行う前には、現行の設定をバックアップし、初期化後に必要な新しい設定をすぐに適用できるように準備しておくことが重要です。

CLI を使用した初期化

CLI にログインし、以下のコマンドを実行して操作モード(Operational Mode)に移動します。

cli

次に以下のコマンドを実行します。これにより、スイッチはすべての設定を工場出荷時のデフォルトにリセットします。

load factory-default

最後に、以下のコマンドを使って変更を確定します。

commit

ボタンを使用してリセットする場合

一部の Juniper EX シリーズスイッチでは、物理的なリセットボタンを使ってデバイスを初期化することも可能です。この方法は CLI にアクセスできない場合や、スイッチが完全に応答しない場合に役立ちます。

  1. スイッチの前面パネルを確認し、リセットボタンを確認します。
  2. ペーパークリップなどの細いものを使用してリセットボタンを押し、数秒間押し続けます。

リセットボタンを押すことにより、スイッチは自動的に再起動し、すべての設定が工場出荷時の状態にリセットされます。

以上

参考書籍

この記事を読んで、質問やご意見がある方は、ぜひフォーラムにご投稿ください。
皆さまからの貴重なご意見を心よりお待ちしております。