注目キーワード
  1. AWS
  2. Python

Firebase の Authentication ログを CLI で一括抽出

  • 2021年11月16日
  • 2021年11月16日
  • Tips
  • 18view

Ubuntu Desktop 20.04 LTS に Firebase CLI をインストールして、Firebase の Authentication ログを CSV または JSON 形式で抽出する手順です。Firebase の概要については、以下の記事がわかりやすくおススメします。

Google製のアプリケーション開発プラットフォームであるFirebaseについて、Firebaseでできることとは何か…

Firebase CLI とは

Firebase CLI を使うと、コマンドラインシェルのコマンドを使って Firebase にアクセスすることができます。
ブラウザベースの Firebase コンソールと同等の機能が提供されています。

Firebase CLI の導入

Firebase CLI インストール

Firebase CLI をインストール(自動インストールスクリプトを使用)
curl -sL https://firebase.tools | bash

Firebase CLI ログイン

Firebase CLI を使用してログイン

firebase login

ブラウザが起動し、Google ログイン画面が表示されるので、アカウントとパスワードを入力して「次へ」をクリックします。その後、次のようにリクエストがでますので「許可」をクリックします。

firebase login コマンドは、実行 OS のローカル上(本例では、Ubuntu Desktop 上)で実行する必要があります。他の OS からリモート実行(SSH 経由等)した場合は、「localhost に接続できずエラー」となるのでご注意ください。

Firebase CLI の実行

Firebase プロジェクトの確認

次のコマンドで、既存の Firebase プロジェクトが確認できます。

firebase projects:list

実行すると次のように出力されます。

Project Display Name Project ID Project Number Resource Location ID
ExampleProject ExampleProject-1234 12345678 asia-northeast1

Firebase Authentication ログのエクスポート

Firebase Authentication ログを OS(本例では Ubuntu)上にエクスポートするには、firebase auth:export を使用します。構文は次のとおりです。

firebase auth:export <保存ファイル名> --format=<csv か json を指定> --project <Project ID>

以下、CSV フォーマットで抽出・保存する場合の実行例です。

firebase auth:export 20211110_authlog --format=csv --project ExampleProject-1234
--project を指定しなかった場合、次のエラーがでますのでご注意ください。

Error: No currently active project.
To run this command, you need to specify a project. You have two options:
- Run this command with --project <alias_or_project_id>.
- Set an active project by running firebase use --add, then rerun this command.
To list all the Firebase projects to which you have access, run firebase projects:list.
To learn about active projects for the CLI, visit https://firebase.google.com/docs/cli#project_aliases

以上