Cisco NTP 設定例

  • 2022年3月6日
  • 2022年4月19日
  • Cisco
  • 38view

Cisco ルータ(Cisco C891FJ)の NTP 設定例を紹介します。

Cisco NTP 設定例

グローバルコンフィグレーションモードで次のように設定します。

clock timezone JST 9 0
ntp server ntp.nict.jp prefer
ntp server pool.ntp.org

解説

タイムゾーンの設定

デフォルトの設定は UTC(協定世界時)となっているので、JST(日本標準時)に設定します。
JST は UTC より 9 時間進んでいるため JST 9 と設定します。

Router(config)#clock timezone JST 9

NTP サーバーの設定

ntp server コマンドで任意の NTP サーバーを指定します。末尾に prefer を入れた NTP サーバーが優先して同期されます。

Router(config)#ntp server ntp.nict.jp prefer
Router(config)#ntp server pool.ntp.org

基本的な設定は以上になります。

確認コマンド

時刻の確認

show clock コマンドで現地時間を確認できます。

Router#show clock
23:45:35.028 JST Sat Mar 5 2022

NTP サーバーとの同期状況の確認

show ntp associations コマンドで NTP サーバーと同期をとれているか確認できます。
同期がとれている場合、左側に「*」が表示されます。

Router#show ntp associations

  address         ref clock       st   when   poll reach  delay  offset   disp
*~61.205.120.130  110.105.99.116   1    904   1024   377  5.794   7.176  0.130
+~129.250.35.251  204.2.140.74     2    895   1024   377  2.767   8.156  0.140
 * sys.peer, # selected, + candidate, - outlyer, x falseticker, ~ configured

また、show ntp status コマンドでも同期状況が確認できます。
同期がとれている場合は、一番上に「Clock is synchronized」と表示されます。

Router#show ntp status
Clock is synchronized, stratum 2, reference is 61.205.120.130
nominal freq is 250.0000 Hz, actual freq is 249.9996 Hz, precision is 2**21
ntp uptime is 3468700 (1/100 of seconds), resolution is 4016
reference time is E5CDEB17.B1AA5580 (22:58:47.694 JST Sat Mar 5 2022)
clock offset is 7.1765 msec, root delay is 5.66 msec
root dispersion is 52.58 msec, peer dispersion is 0.13 msec
loopfilter state is 'CTRL' (Normal Controlled Loop), drift is 0.000001367 s/s
system poll interval is 1024, last update was 3131 sec ago.

NTP サーバーと同期がとれない場合

NTP サーバー間と同期がとれない場合は、以下の理由が考えられます。

  • UDP ポート 123 のパケットが許可されていない。
  • NTP サーバーがダウンしている。
  • ネットワーク負荷により、接続遅延が発生している。
  • ルータの CPU 使用率が高くなっている。
  • ルータと NTP サーバー間のオフセットが大きい。(show ntp association detailで確認できます。)
Cisco

This document provides troubleshooting information for commo…

以上