Cisco EtherChannel の物理リンク別分散の確認方法

はじめに

Cisco で Etherchannel を使用した場合、パケットがどちらの物理リンクを通っているかを確認する方法について紹介します。

Etherchannel とは

複数の物理リンクをまとめて一つの論理的なリンクとして扱うことで、データ通信の帯域幅を向上させることができる機能です。EtherChannel を構成する際には、Link Aggregation Control Protocol(LACP) や Cisco の独自技術である Port Aggregation Protocol(PAgP)を用いることができます。これらのプロトコルは、複数のリンクを自動的に一つの EtherChannel に集約する機能を提供します。

EtherChannel のロードバランシング

EtherChannel のロードバランシングは、パケットを EtherChannel 内の複数のリンクに均等に分散させるための手段です。これにより、各リンクの帯域幅を最大限に活用し、ネットワークのパフォーマンスを向上させることが可能になります。

ロードバランシングは、特定の負荷分散アルゴリズムに基づいて行われます。Cisco Catalyst スイッチでは、使用するアルゴリズムは設定可能で、ソース MAC アドレス、宛先 MA Cアドレス、ソース IP アドレス、宛先 IP アドレス、ソースおよび宛先のポート番号など、パケットの特定のフィールドに基づいてパケットを物理リンクに分散させます。

ロードバランシングの確認方法

ロードバランシングの動作を確認するための主要なコマンドは show etherchannel load-balance です。このコマンドを使用すると、現在設定されている負荷分散アルゴリズムを表示します。

show etherchannel load-balance

一方、以下のコマンドを使用して特定の MAC アドレスや IP アドレスのペアを指定し、そのパケットがどの物理リンクを通るかをシミュレートできます。これにより、具体的なパケットフローがどのように分散されるかを確認することができます。

test etherchannel load-balance interface port-channel <number> mac <source MAC> <destination MAC>
test etherchannel load-balance interface port-channel <number> ip <source IP> <destination IP>

スタック環境で使用可能な特定のコマンド

スタック環境では、以下のコマンドを使用することができます。このコマンドはハードウェアレベルの動作を反映しており、スタックメンバーの各スイッチが実際にどのようにパケットを分散させるかを確認することができます。スタックメンバーのスイッチ番号を指定してコマンドを実行します。

show platform software fed switch 1 etherchannel 1 load-balance ip [srcIP] [dstIP]
スタックとは
スタックは複数のスイッチを一つの論理的なエンティティとして扱うテクノロジーです。これにより、スイッチングの効率性を向上させ、管理の効率化や冗長性の向上を可能にします。Cisco ではスタック可能なスイッチを多く提供しており、これらは物理的には別々の装置であるものの、一つの論理的なスイッチとして動作します。

注意点と推奨事項

それぞれのコマンドが提供する情報や結果は異なるため、適切なコマンドを選択することが重要です。また、設定やネットワーク状況により、結果は変動する可能性があるため、それらの影響を理解することも必要です。これらの要素を踏まえ、必要に応じて複数のコマンドを使用し、複数の角度からロードバランシングの動作を確認することを推奨します。

以上

参考書籍

この記事を読んで、質問やご意見がある方は、ぜひフォーラムにご投稿ください。
皆さまからの貴重なご意見を心よりお待ちしております。