「47原則」から学んだ効果的なコミュニケーションと優先度の設定

「47 原則」から、私が特に感じ取った実践的なヒントを紹介します。なお、これを書く過程で、私自身がまだ十分に実践していない部分もあることに気付きました。

30 秒以内の回答

「30 秒以内で答えよう」というアドバイスの真意は、「瞬時に答えられるようになる」ことではなく、「3 つのキーを意識して回答する」ということでした。重要なのは、相手の興味を引きつけるポイントを抑えることです。

「30 秒以内の回答」というのは、一見すると即答力を鍛えるための技術のように聞こえるかもしれません。しかし、実際には、その背後にはより深い意味があります。

このアドバイスの中核となるのは「簡潔性」です。情報が溢れかえる現代において、多くの情報を短時間で伝える技術は非常に重要です。しかし、それだけでは十分ではありません。どれだけ短くても、内容が魅力的でなければ、相手の注意を引きつけることはできません。

「30 秒以内で答える」という指南は、本質的に「瞬時に答えられること」を目指すものではありません。むしろ、答える際に「3つのキー」を意識して、簡潔かつ魅力的に伝える技術を身につけることが重要です。

具体的な 3 つのキーとは、1. 主要なポイントを強調すること2. 相手の興味や関心を引きつける要素を取り入れること3. 不要な詳細は省くこと、です。

私の場合、技術的な話題になると、詳細に走りがちです。しかし、相手がそれを求めていない場合、その詳細は無駄になってしまうこともあります。そういった場面で、「30秒以内の回答」の原則を思い出し、ポイントを絞って伝えることが大切です。


再クリック理論の活用

この理論は、興味を引く情報の要約に対して読者が「もっと知りたい」と思う瞬間を指します。答える時には、相手の興味を引く情報を優先して伝えることが鍵です。

再クリック理論とは、情報の提供者と受け手の間に生まれる特定のコミュニケーションの瞬間を指します。具体的には、情報の要約やハイライトが読者の心を掴み、「もっと知りたい」という欲求を引き起こす瞬間のことです。これは、例えばウェブサイトや記事の見出し、あるいは広告のキャッチコピーなどでよく利用される技術です。

この理論の背後には、人々が情報過多の中で何に注目するのか、そしてどの情報を深く掘り下げるかという選択をどのように行うかという心理的な側面があります。短い情報の中に、相手の興味や関心を引き出す要素を組み込むことで、さらなる情報探求の動機付けが生まれます。

再クリック理論を活用するためのコツは、「相手の興味を引く情報を優先して伝える」ことです。しかし、ただ情報を伝えるだけでなく、それをどのように伝えるか、という方法論も重要です。具体的には、情報を簡潔に、かつ魅力的に伝える技術が求められます。さらに、その情報が相手にとってどれだけ価値があるのかを強調することで、再クリック、つまり「もっと知りたい」という欲求を引き出すことができます。


主要な質問を具体的に分解

質問に答える際は、相手の視点から情報を組み立てることが大切です。例えば、プロジェクトの進捗についての質問には、具体的な例を挙げて、その対処法などを含めて答えるよう心がけます。

質問に答える際、最も重要なことは相手のニーズを理解し、それに応じた情報を提供することです。具体的には以下のようなアプローチが考えられます。

  1. 情報の分解:質問の背景や目的を理解し、それに応じて答えを構築する。例えば、「プロジェクトの進捗は?」という質問には、プロジェクトの現状、今後の予定、潜在的なリスクなどを分解して答える。

  2. 具体的な例の使用:抽象的な答えよりも、具体的な例や実際の状況を元にした答えの方が相手にとって理解しやすい。例えば、「進捗は順調です」という答えより、「先週までに予定していた A タスクと B タスクは完了し、C タスクは半分の進捗です」というような具体的な答えの方が明確です。

  3. 解決策の提供:単に現状を伝えるだけでなく、問題や課題がある場合はその対処法や解決策を一緒に伝える。これにより、相手に安心感を与え、信頼関係を築くことができます。


ダーツの理論で回答する

質問に対する答えは、核心から外れた部分から始め、徐々に本質に近づける方法が効果的です。しかし、これは実践が難しい部分もあるため、継続的な意識が必要です。

ダーツの理論とは、質問に答える際に、先に周辺情報から答えを始め、最後に核心に触れるという方法を指します。これには以下のようなメリットがあります。

  1. 相手の興味を引きつける:周辺情報から答えを展開することで、相手の興味や注意を引きつけることができます。

  2. 答えの構造を明確に:徐々に本質に近づける形で答えることで、答えの構造が明確になり、相手にとって理解しやすくなります。

  3. 核心への準備:最初に周辺情報を伝えることで、相手の理解を深め、核心への理解をサポートする土台を作ることができます。

ただし、この方法は状況や相手のニーズに応じて適切に活用することが大切です。全ての質問に対してダーツの理論を適用するのではなく、相手の期待や情報のニーズをしっかりと把握してから、適切な答えの構築を心がけることが重要です。


アウトプットのイメージ化

アウトプットの初期段階での形成は重要です。マッキンゼーでは、この初期段階での全体像を「ゴーストデッキ」と呼んでおり、それに基づき作業を進めると効率的だとされています。

アウトプットの初期段階での形成は、プロジェクトの成功の鍵となります。ここでの形成されたイメージや構想が、後の作業の指針となるからです。

  • ゴーストデッキの意義:マッキンゼーにおいて、「ゴーストデッキ」とは、初期段階でのプレゼンテーションやレポートの大枠や構造を示すものを指します。文字通り「ゴースト」のように具体的な中身はまだないものの、その形や大枠が見える状態です。

  • 効率的な進行:ゴーストデッキをもとに作業を進めることで、何を重視し、どの部分にどれくらいの情報や内容を盛り込むべきかが明確になります。これにより、余計な作業を排除し、必要な部分に集中することが可能となります。

コアに焦点を絞る

大切なのは、目的に向かって効率的に進むこと。そのために、最も重要なポイントに集中し、それを中心に業務を展開することが求められます。

成功へと導くための鍵は、目的に向けての効率的な進行です。そのためには以下の考え方や手法が有効です。

  • 最も重要なポイントを特定:プロジェクトや業務における最も重要なポイントや要素を特定し、それを中心に全体の計画や作業を進めます。

  • 余分な要素の排除:最も重要なポイントに集中することで、余分な要素や作業を排除することができます。これにより、リソースや時間を無駄にすることなく、目的に向かって進むことができます。

  • 明確な方向性の提供:重要なポイントに焦点を絞ることで、チーム全体の方向性が明確になり、協力や連携がスムーズに行えるようになります。


重要なポイントの認識

業務遂行の中で最も重要と感じる点を振り返り、それに集中することが大切です。特に、クリティカルパスの早期認識や、業務と財務の関連性を意識することが重要です。

成功への道筋を築くためには、その道筋の中での最も重要なポイントを明確に認識することが不可欠です。特に以下の 2 つの要素が中心的な役割を果たします。

  • クリティカルパスの早期認識:プロジェクト管理の中で、クリティカルパスとは最も時間がかかる作業やタスクの連続を指します。このパスが延滞すると、プロジェクト全体の進行が遅れるため、早い段階でこれを特定し、リソースや注意を集中的に割くことが必要です。

    • 効果:クリティカルパスの早期認識は、リスクの早期発見や必要なリソースの適切な配分、さらにはスケジュールの最適化に繋がります。
  • 業務と財務の関連性の意識:業務の進行と財務状況は密接に関連しています。業務の遅延や不具合が財務に及ぼす影響を理解し、それに基づいて業務を遂行することで、経済的なリスクを最小化できます。

    • 効果:業務の効率化だけでなく、財務的な安定性も保ちながら業務を進めることができます。また、投資の回収期間や利益の最大化など、経営的な視点での意思決定も容易になります。

最後に、この原則に書かれている方法や考え方すべてを一度に実践するのではなく、自分に合った方法を見つけ、それを中心に取り組むことが大切だと感じました。

以上

この記事を読んで、質問やご意見がある方は、ぜひフォーラムにご投稿ください。
皆さまからの貴重なご意見を心よりお待ちしております。